HOME > 設計・施工事例 > 仙台の家


Works

コンセプト


4プロ食卓15393-01-01.jpg

仙台の住宅地に佇む、ごく普通の寒い家を高性能な家に改修。間取りはさほど変えなかったものの、仕切りを取ったり内装を新しくすることでガラッと雰囲気が変わりました。一番変わったのはやはり室内環境。夏の熱だまりを逃がすトップライトや夏用換気扇の設置による通風の確保、冬はパッシブ効果と付加断熱により、夏涼しく冬は寒くない計画としました。断熱に詳しい施主さんの協力のもと断熱効果を測定し、第3回サステナブル住宅理事長賞を頂きました。
 また、一冬の暖房灯油消費量は断熱改修前650㍑から改修後は182㍑という結果になりました。


アルバム


4プロ食卓15393-01-01.jpg

  • 1プロ外観.jpg4プロ食卓15393-01-01.jpg5プロ通気口食卓15393-01-02.jpg

*クリックで拡大表示されます

仕   様


■家族構成 / 夫婦+子2人
■延床面積 / 102.2㎡(31坪)
        / 1階:73㎡ 2階29㎡ 
■敷地面積 / 194㎡(59坪)
■竣工 / 平成19年12月
■施工 / (株)イノーバ
■屋根 / ガルバニウム鋼板
■外壁 / サイディング
■天井 / 板張り
■内部壁 / クロス
■床 / 合板フローリング

■Q値 / 1.3W/㎡・k
■暖房 / 床下温水暖房 (全館暖房)